自分を引き立たせるオケジョーナル・ドレス Halca スリーブレスドレス

INCEINの商品には一つ一つに物語がある。これは私たちが商品開発をする際に大事にしているモットーでもあります。商品名に人の名前をつけたのも、その影響。今回はINCEINの人気アイテムでもあるHalca(ハルカ)ノースリーブドレスの開発の裏側をお伝えしようと思います!   自分を引き立たせるオケジョーナル・ドレス 「働く女性を応援するワークウェア」としてファーストコレクション3型のうち、2型はデザインをしました。その中でこのHalcaは、パーティーや結婚式など華やかな場面のパートナーになる服を目指しています。ハレの日を祝う場に自分自身の魅力を惹き立たせてくれる服がまだまだ少ないと感じたからです。主催者への心遣いや失礼がないようマナーを重んじる必要はあると思いますが、それでも市場に多くあるドレスが、制服か?と思ってしまうくらい種類が少なく、身に纏えば、自分の魅力ってなんだっけ...?っと感じてしまうくらいドレスありきのデザイン。せっかくのハレの日、いつもとは違う着こなしをした自分を楽しませてくれる、自分を引き立たせてくれるドレスがほしい、そうかれこれ10年近くと願っていました。そしてこれがオーダーメイドワンピースのサービスを展開したいと思った現体験です。   Halcaの由来:井川遥(女優) Halcaのドレスに関しては、具体的なイメージ像が最初からあるわけではなく、デザインが先行して進んでいました。1stコレクションの打ち合わせをした際に、村田さんから「朝・昼・夜それぞれのシーンを考えた3着ですね。」とコメントをいただき、まさにその通りだと思っていたので、それぞれに既にあった女性像+情景シーンがマッチしてできたのが、KateとDianaに対し、Halcaは華やかなシーンに映えるデザインに惚れ進行していました。   商品の名前がついたのは、トワル(仮縫い)を着た時。仮縫いなのでシンプルなコットン素材で作られたドレスながらも、えも言われぬ、程よい色気を感じられる美しいシルエットに社内から「井川遥さんぽい!」との感想が。そのコメントを聞いた時、このドレスの名前を決めました。 みなさんご存知の通り若い頃からお美しかった井川遥さんですが、個人的に歳を重ねられるごとに女性が憧れる軽やかの色気を纏っている気がしており、私自身大好きな女優さんです。その彼女に、似た雰囲気を感じてもらえるドレスは、まさにブランドのデザインテーマの一つでもある「健康的な色気」にぴったりだ、と感動したことを覚えております。村田さん本当に最高。 また、オケージョナル・ドレスとして進行していたこのワンピースですがコットン素材のトワルでは、これまたいい感じの抜け感が。意外と普段着にも使えるシルエットでもありました。   Halca ノースリーブドレスの特徴 Halcaは、他の2型のドレスと比べて選択できるカスタマイズも着丈のみと極めてシンプルです。デザインも目立つ装飾がないのですが、一度袖を通せばその人の魅力が溢れ、着ている本人も思わず回り出したくなるほど。(嬉しいことに、これまで試着して下さったほぼ皆さま、1回転はされていると言っても過言ではない) そんなHalcaのシンプルながらも着映えする理由は、贅沢なボリュームを感じられる裾の広がり。長く、広く裾をとることで、歩きに合わせて優雅に生地が揺れ動きエレガントさを演出してくれます。また胸元の開きにもこだわりました。一見深いVネックではありますが、程よく鎖骨が見えるよう微調整を重ねました。 生地には、オケージョン・ドレスらしい華やかさを感じられ動くたびに水面のような表情が楽しめるサテン生地と、カジュアルにも使いやすいドレープと鮮やかな発色が美しいジョーゼットを選びました。両種類とも動くたび、生地の美しい動きを楽しんで頂くことができます。   Halca ノースリーブドレスの着回しコーデ さてこのオケージョン・ドレス、実は着回しが一番きくのも嬉しいポイント!パーティーのパートナーとしてももちろんのこと、普段ちょっと女性らしく過ごしたい時の一着としても着回すことができますので、ご紹介いたします!   パーティーのパートナーとして シンプルに1枚で!色ものの小物をアクセントに添えて。   オフィスカジュアルウェアとして 薄手のインナーと合わせても着こなしを楽しめます!   シューズを変えてカジュアルに! 厚手のトップスに、ブーツを合わせれば日常使いにも!  

わたしのためのパワースーツ Diana Dress

    INCEINの商品には一つ一つに物語がある。これは私たちが商品開発をする際に大事にしているモットーの一つでもあります。商品名に人の名前をつけたのも、その影響。今回はINCEIN一押しの勝負服でもあるDiana(ダイアナ)ドレスが持つ物語をお伝えしようと思います!     内側からエネルギーをくれる戦闘服 みなさんは、今日は勝負どころ!という日には何を着ますか?ビジネスシーンの服装は、相手からの安心感や信頼感を損なわないようレディーススーツを選ばれる方が多いと思います。レディーススーツはそのスリムなシルエットも相まって背筋を伸ばしてくれるので、気合いを入れてくれますよね。 でも、スリムなスーツを1日着ていると夕方ごろには肩や腰がバキバキになることも...。または登壇やセミナー、仕事終わりにの食事会など少し華やいだ場に行く場合には、ちょっと物足りなさを感じたりするのは、私だけではないはず。 女性が勝負を挑みたい時に、力をくれるオシャレでカッコよくて、それでいて身体にストレスがない一着はないだろうか...と思いをめぐらせできたのが、このDianaドレスです!     Dianaドレスの由来:Wonder Woman(映画) どんな勝負服を着たいか。明確なデザインはなかったのですが、身に纏っている時に内側からエネルギーが湧き出るものがいいなと思っていました。イメージはズバリ「ワンダーウーマン」! アメコミのヒロインです。最近、Gal Gabot主演でリメイクされたのですが、その最強戦士の姿が、仕事に勝負を仕掛けに行く女性の姿を連想させました。自分の信念に従い、身一つであらゆる困難に挑み続ける姿を見て、仕事に精一杯食らいつきたいときの気持ちが引き起こされました。頑張りたい時のパワーを服でも添えられないか。 そんな彼女のような力をくれる服であってほしい、と主人公の名前であるDianaをこのドレスにつけています。デザインをお願いした村田さんには、「着た時に内側からエネルギーが沸き起こり、ビームが出るイメージです」と伝えてました。 テーマがパワースーツだったので、当初は海外法廷ドラマに出てくるような体のラインに沿ったデザインを想定していました。たまたま私自身、同時期に大事な商談があったのですが、呼吸が浅くなり体は緊張でガチガチ。しまいには呂律が回らないという事態。そんな時に体にフィットしたスーツは、緊張を加速させるツールになっていると実感しました。私自身の性分もあるとは思うのですが、それでも緊張感のあるシーンでは、締まるシルエットよりも、深い呼吸ができる少しゆとりのあるシルエットの服が必要だ。そうして出来上がったのが、今のDianaのシルエットです。     個性がでる「わたし」だけのパワースーツ 全体的にゆとりのあるIラインのシルエットに、首元を詰めたデザインを付け足し気を引き締めてくれる型に。立ち姿も座った時の姿もエレガントさが失われないよう、裾にも少しだけボリュームを持たせました。 生地には光沢が美しいウールサテンと、マットなドレープ感を楽しめるダブルクロスを用意。ウールサテンでは、上品な大人の印象になり、ダブルクロスでは華やかやな印象を演出してくれます。 そしてこのドレス、着丈を調整することでガラリと印象が変わるのも大きな特徴。ビジネスシーンでも使いやすい膝下丈を標準にしているのですが、少し着丈を長くすればよりハンサムな印象になり、反対に着丈を短くすると可愛らしい印象になるのです。 すごくシンプルなデザインながらも、カスタマイズによって個性がはっきり出る、まさに自分のためだけのパワースーツとなる一着になりました。 「ここは勝負したい」という大事なシーンに、深い呼吸ができるリラックスした着心地と自分らしさが感じられるデザインの服を身に纏うと、自分にパワーが湧いてくること間違いなし。まさに相棒となる一着だと思います。     Dianaのおすすめスタイリング 大事なシーンの相棒に選んで頂きたいこちらのワンピースドレス。おすすめのスタイリングをオケージョン別にご紹介いたします! 大事なビジネスシーンのパートナーウェアとして Dianaはジャケットに合わせた時にも、気崩れしないようデザイン。ジャケットと組み合わせればビジネスシーンでの心強い相棒服に! パーティーシーンでも大活躍 ストールとヒールを合わせれば、華やかな場に着ていく一着に。上品さが際立ちます!!     わたしに力をくれる服 今回は、パワースーツをてテーマにデザインされたDiana ドレスについてご紹介をさせて頂きました。大事なシーンに挑む際、自分の実力だけではなく、服からも力をもらえる。そんな体験もきっとあるので、ぜひみなさんも勝負服のアップデートを検討してみてください!