自分らしく、を表現するジャケット Lou テーラードジャケット

INCEINの商品にはそれぞれに物語がある。これは私たちが商品開発をする際に大事にしているモットーの一つでもあります。商品名に人の名前をついているのも、その影響。今回は、今季新しく誕生した新商品、Lou(ルー)テーラードジャケットのストーリーをお伝えしようと思います!

 

開放感があるジャケットが欲しい

ジャケットが必要になる機会。それは、緊張が伴う場面が多いと思います。大事な商談だっかり、お子さんのセレモニーだったり。緊張の度合いが違えども、肩肘を張る時に手に取るアイテム、それがジャケット。コンパクトでしっかりしたデザインのジャケットに袖を通せば背筋が伸びますよね。でも、個人的にそのコンパクトさが窮屈に感じられ、緊張が高まってしまう。肩は凝るしボタンを閉めると胸の開きが気になったりするし、動きにくいし…。私にとってジャケットは、「我慢して着る」アイテムでした。 ただでさえストレスを感じてしまう大事な場面に、きている服にもストレスを感じてしまう。ならば、ストレスを感じさせない、かっこいいジャケットを作ってしまおう!そうしてできたのが、この「Lou テーラードジャケット」です。

 

これまでの発想を逆転させて作り上げたシルエット

大事な場面に心地よく着られるジャケットは何か。それを考えるにあたり、これまで我慢して着てきたジャケットの逆の発想をしました。(すごく単純。)シルエットは、体のラインに沿わせると背中や肩周りにゆとりがなくなるので少しオーバーサイズ気味に。肩が重たくなってしまう肩パットは外し、着丈は短くなるとお尻まわりが気になるので、あえて長めにして気がかりを減らしてしまおう!とチグハグな要望に、デザインをお願いしたデザイナー村田晴信さんの抜群なセンスアイディアと、細部に至るまでこだわりをいっぱい詰め込んでもらいました。
満足するシルエットが完成するまで1年以上…。試行錯誤を繰り返したおかげで、これまで出会ったことのない、INCEINらしいジャケットが出来上がりました。そんな自信を持って紹介するLouの魅力をお伝えしましょう!

 

 

ゆったりと、でもスマートさが出るシルエット

ドロップショルダーに少し長めの着丈と袖丈と、ビジネスシーンではあまり馴染みのない要素で構築されたこのシルエット。そこに全体的にストレートなラインを加えて少しストイックな印象にすることで、華やかさとスマートさを感じさせるシルエットになりました。 また肩パットを抜くことで軽やかな着心地と、エレガントな動きが楽しめるもの嬉しいポイントです。オンオフ問わず、いろいろなスタイリングが楽しめる主役級の1着となっております。

 

シンプルだからこそ、遊び心を散りばめたデザイン

全体のシルエットがシンプルだからこそ、細部のデザインには遊び心を散りばめました。袖は緩やかなカーブを描き、袖口はフレア気味にすることで華やかさを。前ボタンは比翼仕立てにして、閉じた時にはボタンが隠れてスマートな印象、開けて着ればボタンがワンポイントになるような設計に。真面目すぎないポイントこそが、こだわりのポイントです! 

オーダーだから実現できる、自分のスタイルが表現できるジャケット

このLou テーラードジャケットの最大のポイントとなるのが、なんといっても自分の好みや体型に合わせてデザインをカスタマイズできること。デザイン性があるアイテムを着るからこそ、体の特徴にフィットしたサイズ感で着たいもの。「もう少しビジネスライクで着たいわ」、というご要望にもお応えできるのがこのジャケットの魅力でもあります。ドレス同様、着丈・袖丈の調整はもちろん、今回はボタンと裏地の色をお好みに合わせてカスタマイズできるようになり、もっと自分らしさを感じられるアイテムになりました。「カスタマイズどうしよう…」と悩まれる方もいらっしゃると思いますが、自分の心と向き合う時間にもなります。カスタマイズという選択の機会を通して、新たな自分の気づきにつながる機会になればと願っております。ぜひたくさん悩んで、自分だけの1枚を作る楽しい時間をお過ごしください!

  

Lou テーラードジャケットの由来:Oceans 8(映画)

今回のこのジャケットの名前の由来となっているのは、「Oceans 8(オーシャンズ エイト)」のキャラクターです。メインキャラクターである8人の女性は、それぞれ全く異なるスタイルを持っていて、全て本当にかっこいい。多様な格好よさを最高に表現しているこの映画を見て、元気をもらった女性は私だけではないはず!
その中の一人である、ケイト・ブランシェットが演じるハンサムな女性が”Lou”。作中で最もジャケットスタイルが多く、その自由で新鮮な着こなしが本当に素敵であり憧れの女性像でもありました。

ジャケットの着こなしにはまだまだ暗黙のルールがあると感じています。特にレディースジャケットは「女性らしくあること」が求められている気がしてならないのです。女性らしい、男性らしい、それ以前に自分らしくあることができる。それが叶うジャケットであることを願って、この名前をつけました。働く女性たちが、もっと自分らしく自由に働ける。それが映画の中だけでなく、わたしたちの日常になれるアイテムにふさわしい名前だと思っております。