オーダーメイドというサステナブルな選択

「サステナビリティ」。この言葉も馴染み深くなってきた今日この頃ですね。でもこの言葉、定義が明確にわからない時はありませんか?
今日は、この曖昧で、でも大切な「サステナビリティ」の概念を解説しながら、INCEINが提供しているオーダーメイドが、どのようにサステナブルなのかをご紹介していこうと思います!! 

 

そもそもサステナビリティって?

Sustainability : 持続可能性

有限である地球環境に配慮し、人間を含む、地球に存在するあらゆる生命体が持続的に生き続けることを実現するために人間として何ができるか、を問う言葉だと私は感じています。つまり、サステナビリティは「できたらいいな」なのではなく、私たち人類が未来永劫、地球という星に住むためになくてはならない手段、と解釈しています。

服が持つ影響力

人間の生活三代要素「衣・食・住」は全て資源の消費が伴い、私たちが安心安全で、便利な世の中を求めるほど、その消費量は増えていきます。

そして「衣」を支えるアパレル業界は、地球環境へ与える負荷が2番目に大きい業界だと言われています。生地を作るために綿などの天然素材や化学繊維に使われるポリエステルを大量に仕入れ、服を作る過程では多くの水や消費する。処分する時の多くは廃棄物として一般ゴミとして焼却されてしまいます。

 

過去20年で高品質・低価格、手頃でトレンド性の高い服が身近になり、いつでもファッションを楽しむことができる世の中になりました。しかし気軽にトレンドを追いやすくなった分だけ、服に対する思い入れも薄れてきていると言えるのではないでしょうか?

white wooden drawer with i love you print

 

オーダーメイドというサステナブルな選択 

 INCEINがオーダーという選択をした理由。それは「無駄な服を作らない」、そして「思い入れのある服を提供できる」からです。一人一人の体型やお好みを反映したその方のためだけの服を、受注してから一着ずつお作りする。カスタマイズをする過程で自分の心と向き合い、その選択の積み重ねで完成された服は、きっと愛着を感じられずにはいられないはず!
そしてその愛着やときめきが尽きないよう、デザインもトレンドだけを重視したものではなく、エッセンシャル・タイムレスであるか、にこだわりました。これは地球環境だけでなく服の側にとってもサステナブルな選択だと、私たちは考えています。


最後に

服を楽しむと同時に、環境にも配慮して未来のために美しい地球を残す。その想いを纏っておしゃれを楽しむことが、次の新しいファッションのあり方なのではないでしょうか?

環境省がサステナブルファッションについて、まとめたサイトを作っていてとてもわかりやすいので、そちらもぜひご参照ください。最後に、サステナブルにおしゃれを提供してくれているおすすめのブランドもご紹介して今回はSee you!

<おすすめサステナブルブランド>

CASA FLINE
天然素材や再生素材を使用。フェミニンなデザインも可愛く心踊ります。

- Reformation
「Being naked is the #1 most sustainable option. We’re # 2.(裸であることが一番のサステナブルな選択。私たちの服が2番目ね。)」をコンセプトにするほどサステナコンシャスなブランド。

- Stella McCartney
ハイブランドのサステナビリティにおけるパイオニア的な存在。ヴィーガンレザーなど植物性由来の素材を積極的に使用しながら、ファッション性の高いデザインを実現。